食べるだけのカンタン免疫力アップ食品|活性酸素を防ぐ丹波SOD

仲間

健康果実として人気

近年日本でも注目が高まる

ブルーベリー

ボイセンベリーはブラックベリーとラズベリーの自然交配によりカリフォルニアで生まれた果物の一種です。日本ではあまり知られていませんでしたが、近年健康果実として注目を集めています。現在の主な主産国はニュージーランドですが、非常に痛みやすい果物のため、生で出荷されることは少なく、主にジュースやジャムなどに加工されています。その多くはヨーロッパに輸出されています。ミラクルベリーとよばれ古くから一般的に健康果実として愛されてきました。料理やスイーツなど様々な利用法ができます。乳製品との相性もよく、ヨーグルトやアイスクリームに添えると爽やかな酸味が甘みを引き立たせます。食べても美味しいボイセンベリーですが健康果実として愛されてきた訳があります。

豊富な栄養素を含む

ボイセンベリーはアントシアニン、エラグ酸、ビタミンA、ビタミンC、葉酸など数多くの栄養成分を豊富に含んでいます。中でもアントシアニンはブルーベリーと同等以上、エラグ酸はブルーベリーの300倍以上とも言われています。ブルーベリーが目に良い果物であることはよく知られていますが、ボイセンベリーは有効成分をより多く含んでいることから高い効果が期待できます。その他、エラグ酸には高い抗酸化力があり、老化の防止、シミやそばかすの原因となる物質を抑制することから美白にも良いとされています。日本ではなかなか手に入りにくい果物ですが、近年国内で栽培しているところも増えてきました。ジュースやジャムだけでなく、生のボイセンベリーにも出会えるかもしれません。

Copyright© 2015 食べるだけのカンタン免疫力アップ食品|活性酸素を防ぐ丹波SODAll Rights Reserved.